巡る Discovery

名刹『千光寺』は806年の開基で、中興は多田満仲公宿願により造立したと伝えられ、興趣千変万化、奇岩、奇勝など四季を通じて自然の神秘を探賞できます。

客 殿
(きゃくでん)
安永八年〔1779年〕 

鐘楼と向かいあって客殿が建っています。宮殿には大日如来、弘法大師、愛染明王の三尊が祀られています。

主にこのお堂は彼岸土砂加持法要、先祖供養を厳修しております。

かって軒下に享保の頃まで当山城主杉原公の守の陣鐘がかかっておりましたが、後年寺鐘を鋳造する際に鋳込んだということです。

住職による略記

平成25年のご本尊のご開帳を記念して、道釈画家 七類堂天谿画伯に愛染明王襖絵を奉納していただきました。1年に数回 特別公開しますので拝観ください。(持佛堂襖絵特別公開へ

  • 一覧へ戻る